姉は米国で痩せて帰国した!?

姉がアメリカで痩せて帰国したわけ!?

ダイエット始めようとしたきっかけ

きっかけはビジネス。

1) デブは、自己管理ができないやつ。
2)自己管理できないやつは、ビジネスをコミットできない?
3)コミットできないやつは、クビ。
ということで解雇されてしまう怖い国アメリカ。
(米国では普通)

このコワイ話は、数年前にNHKの特集で見ていた話だったが、現在でも通用している。

数年ぶりにスマートになって別人化した姉をみて、私はアメリカの現実を改めて思い知った。(あ゛〜 日本で就職できて良かった。)

で、先日、姉に痩せた方法について聞いてみた。

目標を 3か月ー10kgと設定

いくらなんでも痩せすぎるのでは?と思ってよくよく聞いてみると。
姉は、アメリカに行って9kg太ったらしい。
理由は簡単。ステーキもスイーツもBigなお国柄。
友人たちと食事に行くと、「食え!食えっ」とうるさいらしく。
いつの間にか、胃袋が肥大化して常態化してしまっていた。

苦しいダイエットは嫌なので、楽に痩せられる方法を探した。

普段は、家に帰っても仕事の予習・復習が忙しく、
ジムに行く時間も惜しいらしい。
(エリートになればなるほど、この時間が増える。常に自分のデータを磨くことが必要なんだそうだ。日本のような働き改革なんて、「へっ?」と思った。)

だから、1日3時間、効率的に痩せる方法のリサーチに1週間かけた。

 

 痩せ方を決める。

この無茶とも思えるオーダーに見合ったダイエットが
サプリメントによるダイエットだ。

とはいえ、サプリも数え切れないほどある。
ましてや大雑把なお国柄でもあり、訴訟が多いとはいえ
「痩せる」という誇大広告がまかり通っちゃってる。

最終的には、仕事仲間で痩せた子6人に聞いた。
みんなが共通して言ったことは、何らかのサプリメントを飲んでいたこと。

姉は、サプリ等一度も服用したことが当然ない。
副作用がどのように出るかわからない。
ここで、解雇されたら、大和撫子の名がすたる。と考えたかどうかは知らないが
・時間が無いこと
・苦痛がないこと
から、効率的にやせるには、サプリの力をかりることになった。

何を基準に選択したのか?

某東洋の大国が作ったサプリは、体調不良や内臓がぐだぐだになるらしく、
候補から外した。
基準としたのは、以下の2点

・自然なもの
・効果の大きいもの

ということで、さらにリサーチを開始。
友人知人は、酒を飲ませて聞き出した。
人権侵害だという酔っ払いもいたが、
本音は自慢したいらしく、進んで白状した。

姉は、昔から分析することが大好き。
加えて、コンサル系のビジネスということもあり、
職業病というか、なんというか
買い物は、マーケティングだとか、
「現場」「現状」「現実」を見てから買うとか
いいつつも、友人を酔っぱらわせて聞き出す姑息な手段を選択したにも関わらず、
この辺の話を熱く語る姉は、アホだ。

さてさて、本題。

『安全第一を主眼』として調べた。

・コピーが良さげなサプリは、クチコミをチェックしてみると、
 副作用とか、効果なしとかひどい話が沢山掲載されてたそうです。

本当は、そのサプリで痩せているにも関わらず
同じ、サプリ体験でスマートになられては困ると
自分のように痩せた人を増やせば、転職の機会が激減すると
「嘘リポート」していたのかもしれないとのことでした。

複雑な構造のアメリカのキャリアウーマン(姉)を垣間見た瞬間でもありました。

紆余曲折ありましたが、最終的に、

・ガルシニア
・ラズベリーケトン
・リポドリン

の3点に絞ったそうです。

ガルシニア(HCA)とは。

ガルシニアカンボジアというのを私も聞いたことがあります。
インドネシア、インド、東南アジアやアフリカで栽培されている
かぼちゃのような形をしたトロピカルフルーツ。

▼ 効能
ヒドロキシクエン酸(HCA)成分が、食欲を抑え脂肪減少に効果があるそうです。

購入の決め手は3点
1)アメリカ製
2)クリニカルスタディが済みである。
3)100% ナチュラル


▼ 服用方法
 思ったより大きめのカプセルです。変なにおいはしないそうで。
 1日3回、食時の30分から2時間前に摂取します。
 最初は1回につき1錠、
 徐々に1回3錠まで増やして行くのが良いと大きな文字注意書きがあったそうです。
 摂取時には、沢山の水を飲むことが大事だそうです。

ラズベリーケトン

ラズベリーケトンは、名称からラズベリーから抽出されたものと検討がつきます。
ケトンとありますが、脂肪類などの「ケトン」とはまるきし意味が違うそうです。

▼ 効能
体内に蓄積されてしまった余分な脂肪の排出を促進してくれて、脂肪を分解。
さらにエネルギーへの変換を促してくれるそうです。

ラズベリーケトンは、アフリカンマンゴ種エキス、
アサイベリーエキス、グリーンティーエキス、ケルプ(海藻)、
唐辛子の実もあわせた6つの抗酸化剤をブレンドしたものだそうです。

▼ 服用方法

ラズベリーっぽいうっすらピンクの色合いとラズベリーのいい香りだそうです。
1日2回摂取、1回1錠。
飲むタイミングは食前、食後でもどちらでもいいようです。
唐辛子は体をぽかぽかさせる成分がありますが、こちらのラズベリーケトンはその3倍もの効果があるそうです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。