イヌリンの効果

イヌリンの効果

整腸作用による排便効果

イヌリンはおなかの中のビフィズス菌を増やし、おなかの調子を整え、お通じの習慣を改善するという整腸関連の機能が
報告されています。
これらの機能はイヌリンがビフィズス菌などの腸内細菌のエサになり、
腸内細菌が作り出した短鎖脂肪酸という物質が腸の運動が促すことや増殖したビフィズス菌などが
お通じの量を増加させることなどが影響しています。

血糖値の上昇を抑える。

食後の血糖値の上昇をゆるやかにする作用があります。

・小腸での糖の吸収を抑制すること
・ビフィズス菌などの腸内細菌のエサになり、腸内細菌が作り出した短鎖脂肪酸という物質が
腸にあるホルモンを出す細胞を刺激することでインスリンが生産されます。

この機能が血糖値の上昇が抑制されると考えられてます。

中性脂肪

血中の中性脂肪を低下させます。

・食品の胃の滞留時間を延長することでイヌリンがビフィズス菌などの腸内細菌のエサになります。
・腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸という物質が食欲中枢に作用して食欲を抑制します。
・短鎖脂肪酸が腸内ホルモンを出す細胞を刺激して食欲抑制ホルモンの分泌を促します。

これらの機能が総合的に作用し、血中の中性脂肪の低下効果を示すと考えられています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。