イヌリン とは?

難消化性の水溶性高分子多糖体?

・チコリ,
・菊芋,
・にんにく,
・ゴボウ,
・ニラ,
・タマネギ,
・アスパラガス
などの根菜・野菜に含まれています。

イヌリンが根菜類に含まれる量は極微量です。
したがって、 根菜・野菜からイヌリンを摂取することは難しい。

・イヌリンは消化管で分解・吸収されない
⇒  非常に低カロリー。

・イヌリン1gあたりの熱量は2kcal位。

•イヌリンは,「食品」に分類。
⇒ 「食品添加物」ではない。

・イヌリンは, 「イヌリン」, 「イヌリン(食物繊維)」または「食物繊維(イヌリン)」と表示される。

•摂取したイヌリンは大腸に到達し, そこに生息するビフィズス菌をはじめとした腸内細菌・善玉菌の栄養素となり, 善玉菌の繁殖を助ける。一方, バクテロイデス菌やクロストリジウム菌などの悪玉菌に対しては栄養素とならない。
イヌリンの腸内細菌に対する栄養素としての作用は, 善玉菌に対してのみ特異的である(プレバイオティク効果)。

イヌリン は、中性脂肪を減らす野菜

薬だけでは改善することが難しい中性脂肪。
そんな中性脂肪を減らす効果が期待できる成分がたっぷりの食材をご紹介します!

◆中性脂肪を減らす野菜は「キクイモ」!!

キクイモは、キク科に分類されるゴボウなどの根菜類の仲間です。
中性脂肪を減らす効果が期待できる成分「イヌリン」の含有量がとても多く(100gあたり18g)、
医学界でもその効果が注目されています。
名産地は、徳島や熊本、長野で、通信販売で取り寄せることが可能です。

◆中性脂肪を減らす成分「イヌリン」とは?

イヌリンは、水溶性食物繊維の一種で、糖質や脂質の吸収を抑えたり、
中性脂肪が過剰に作られるのを抑止する効果あり、
世界中で研究しています。

◆イヌリンが中性脂肪を減らす理由は?

糖は、小腸で吸収されて血管を通り肝臓へ向かいます。
糖は中性脂肪の材料で、たくさん糖を摂ると血液中の中性脂肪の値が必要以上に上がってしまいます。
イヌリンは胃に入るとゼリー状になって糖を包みます。
イヌリンに包まれた糖は小腸で吸収されにくくなるのです。

⇒ 糖はゆっくり吸収され、一部は大腸へと運ばれ排出されます。
吸収される糖質の量そのものが少なくなるため中性脂肪が増えにくくなるワケです。

◆キクイモ以外にイヌリンが豊富な食材は?

キクイモ以外にイヌリンが豊富に含まれている食材をご紹介します。
根菜類に多く含まれます。
中でも、、、、

・ニンニク(100gあたり12.5g)
・ゴボウ(100gあたり5.4g)
・タマネギ(100gあたり4.3g)
・アスパラガス(100gあたり2.5g)

などに多く含まれています。

◆ イヌリンを1日どれだけ摂ればいいの?

1日10g

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。