リバウンドしないための5か条!!

痩せてリバウンドしない体質改善のための5か条!!

 あなたは、糖質制限について正しく理解してダイエットしていますか?

朝食に含まれる糖質量は?

・食パン6枚切り1枚
・おにぎり1個
・パスタ1食

だけでも『75g』も糖質が含まれています。
食材の組み合わせで糖質を抑えられます。
その方法について、ご紹介します。

 

最初に

私たちの身体は、
① 糖質
② 脂質
③ たんぱく質
以上の順で消費していきます。

最初に糖質を摂ることで、次の脂質まで消化しません。
したがって、食事の最初に糖質を控えれば、脂肪をエネルギー源とする『ケトン体消化体質』に身体の仕組みが切り替わるのです。

ケトン体?

『ケトン体』は中性脂肪が分解されるときに発生する代謝物質です。
糖質が身体の中にあると放出されません。

脳を騙す!!

ケトン体を発生させるには、『糖質』をダイエット初期に我慢して、脳に「糖質が無いよ」と自覚させ、ケトン体を出さなきゃと勘違いさせます。
糖質は、脳が勘違いし始めた1週間後から、少しずつと摂取していくので、身体への影響は少なくて済みます。

痩せるための5か条とは

【第1条】最初の1週間、糖質を摂らない。

- 脂肪燃焼の担い手である“ケトン君”を目覚めさせるには、ライバルの糖質君を1週間摂らない。

【第2条】 野菜を必ず摂る。

- 1食あたり400gを目安にすることと、野菜を先に食べる事

【第3条】たんぱく質は、自分の体重(Kg)×1.5g

– 体重50kgなら1日60~80gくらい。食べ物に換算すると300~400gを目安に。

【第4条】3期に分けた糖質摂取法

1期 : 糖質制限期 – 糖質を1週間摂取しない。
2期 : 減量期   – 糖質20g/日を目安にする。
3期 : 維持期   – 糖質20g~40gに。

【第5条】調味料の糖質に注意して

上白糖大さじ1で9g、みりん大さじ1には13gの糖質が。糖質カットの調味料を使うなどの工夫を。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。