ロカボはダイエットと糖尿病に効く

ダイエット、糖尿病に良いロカボ

あらためて『ロカボ』のことを知っておこう

 ~最近の糖質制限食~

管理栄養士は、栄養の専門家として栄養指導を行っています。
ある管理栄養士と患者のお話です。

糖尿病治療中の方で、お薬とお食事で血糖値をコントロールしていました。

病院仲間から「ロカボにしなくてはだめだよ」と複数人から言われたそうです。
でも、娘夫婦や孫たちに相談しても「ロボットの食事?」と返され良く分からなくなりました。

「ロカボ」「ローカボ」

ロカボとは“緩やかに糖質制限をする„の意味で、Low(ロウ:低い)Carbohydrate(カーボハイドレート:糖質)で「ロカボ」です。

これは、「糖質」を適正に摂取し、血糖値の上昇を抑えるために「おいしく・楽しく・適正な糖質」を摂取することを目標にした考え方です。
無理に糖質を取らない、ダイエットとはちがうモノです。

最近消費者の、健康志向の高まりもあって、食品メーカーのロカボ食品のみならず、飲食店でものロカボメニューは増えてきています。

大手コンビニや外食チェーン店では、
・こんにゃく麺
・シャリの部分が白米でない寿司
・野菜で挟んだハンバーガー
などなど、普通と変わらないロカボ食品が売れています。

一般的な日本人は、1日に250~300gくらいの糖質をとっています。
ロカボは。1食で糖質量を20gに抑え、1日60gに糖質を抑えていますが、摂取カロリー・脂質・タンパク質は、特に制限を設けていません。

厚生労働省も、日本人の食事摂取基準では必要エネルギーのうち、50~65%は糖質で摂取するように推奨しています。

ロカボの考え方では糖質量を30%くらいに抑えることで、体重の改善・血糖値の改善等に効果が期待できます。

糖質量を減らすことで、体重や血糖値の改善するのか?

栄養素の中で、血糖値をコントロールするには、「糖質」のコントロールが大事です。

糖質は、

お菓子、果物等の甘いものや砂糖だけではありません。
ごはんやパンや麺等の日本人がよく食べる主食にもデンプンも糖質が含まれています。
普段の食事の糖質は、消化管で消化されブドウ糖(血糖値)になります。

食事で血糖値が上昇すると、体は血糖値を一定に保とうと、膵臓という臓器からインスリンというホルモンが出ます。

インスリンは肝臓、筋肉にブドウ糖の取り込みを行い、エネルギーとして使われます。
使いきれなかったブドウ糖は、脂肪として体に蓄えられてしまいます。

インスリンの放出が問題なのです。
肥満になると、インスリンの働きを弱くするので、インスリンが分泌されていても血糖値が下がりにくい状態になります。

逆に、糖質の量を抑えると摂取エネルギーが減り、肥満の予防になるだけでなく、肥満を改善するとインスリンの働きも良くなり血糖値も上がりにくくなるのです。

たんぱく質の多い食事は、脂質の多い食事と比べて血糖値が上がりやすくなります。
食べ物によって血糖値の上がり方は違います。

だから、ごはん・麺類・パンなどは抜いたり、食べる順番をさいごにするなどして、急激に血糖値を上昇させないようにして
インスリンが沢山出すぎないようにすることがロカボです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。