新説 肥満の原因は「塩」

塩分のとりすぎは肥満になり血圧が上昇する。

塩分の摂取量もBMI(体格指数)に関係して値が高くなるので、
糖質と合わせて摂取を控える必要があります。
結果、「肥満」になる可能性がある研究で立証されたのです。

約4700人で大検証!!

塩分摂取量が多い人は、血圧が上昇し心血管疾患(脳卒中や心筋梗塞など)の発生リスクが
上昇することは、以前から分かっていました。

そこで、日本、中国、英国、米国の40~59歳の男女4700人を対象に、
塩分摂取量とBMIの関係を検証しました。

この検証では、
24時間蓄尿検査を2回行い塩分の摂取量を測定していました。

24時間蓄尿検査は、他の検査より正確に塩分摂取量を測定できるものです。
結果、信頼性が高い検査です。

男女比はほぼ1対1で、平均年齢は49.2歳。

BMIが25以上の肥満の人は、以下の傾向が認められました。

・男性に多い
・年齢は高め
・摂取カロリーが多く
・運動量が少ない

検査国に関係なく、過体重/肥満者の塩分摂取量は、多い人ほど顕著に表れていました。

【検査結果】

▼参加者の1日当たりの塩分摂取量の平均
・日本 11.6g
・中国 13.3g
・英国 8.5g
・米国 9.5g

▼ BMIの平均
・日本 23.4
・中国 23.1
・英国 27.5
・米国 28.9

▼ 各国の肥満者の割合

・日本 26.7%
・中国 25.5%
・英国 69.7%
・米国 71.8%

塩分摂取量とBMIとの関連を示した。

塩分摂取量とBMIの関係に影響を及ぼす可能性のある要因として、
年齢、性別、喫煙習慣、飲酒習慣、学歴、摂取カロリーなどを考慮して分析したところ、
塩分摂取量が増加するにつれて、どの国でもBMIは上昇していました。

BMIの上昇幅は、1日当たりの塩分摂取量が1g増加するごとに、
日本は0.28、中国は0.10、英国は0.42、米国は0.52でした。

1日当たりの塩分摂取量が1gの増加で肥満となる可能性の上昇率は、
日本では21%、中国では4%、英国では29%、米国では24%上昇しました。

つまり、どの国の人でも、塩分の摂取量を減らせば、血圧が下がるだけでなくBMIも低下し、
肥満者の割合も減る可能性があります。

 蛇足

▼ 肥満が原因で再入院した。

私自身もある手術してから、運動を控えるように言われており
痩せなくてもいけないにも関わらず、ある一定の体重になってしまい、
結果、調子が悪くなり入院したことがあります。

3か月ごとの定期検診では、当然肥満状態であることを「非難」(指摘の最上級)されていますが
毎日飲む薬のせいと考える私と主治医は対立の構図でいます。(問答無用でぼこぼこにされますが)

▼ 主治医から指摘されること。

よく主治医から言われるのは、「塩分」をとるな、「糖質」はほどほどに・・・。です。
理由は、塩分が体内に蓄積されると、水分をため込む性質があり、脂肪を蓄えてしまうので、
塩分は抑えなさい。ということでした。

▼ 入院中の体重

とにかく、量が少ない。甘いものがない。とどめは味が薄い。
1週間21食の入院食で、最高においしかったのは、減塩醤油。
ほうれん草おひたし用なのだが、半分は冷蔵庫にしまっておいて、
次の食事の時に、ご飯に直接かけて食べていた。

しかし、入院時と退院時では7kgも減量できていた。
退院後1週間で、塩分を摂取したことで6kg戻ってしまったが・・・。

● 参考

WHOの基準では、BMI 30以上が「肥満」。
日本肥満学会の基準では、BMI 25以上が「肥満」とされている。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。