究極の糖質制限、糖質ゼロダイエット!!

究極の糖質制限、糖質ゼロダイエット!!

食事の三大栄養素は、どのように分解・合成(代謝)するのでしょうか。

炭水化物  →エネルギー
脂質    →エネルギー (脂肪として貯留)
たんぱく質 →筋肉など肉体をつくる

▼ 脂質

皮下脂肪や内臓脂肪をイメージして「アンチ」とみなされそうですが
脂質は、人体を構成する細胞の膜や、ステロイドホルモン等様々な
生体活性物質の基になるものなのです。

▼ 炭水化物

「糖質」と「食物繊維」に分類されます。

糖質は、体の燃料として使われ、1g当たり約4kcalに相当します。
食物繊維は、食物に含まれる消化の難しい成分で、
穀物、海藻、豆、きのこ、野菜、果実などに豊富に含まれています。
消化が難しく摂取できるエネルギーは少ないことから、「便通を良くする」目的で
摂取することが望ましいとされてきました。

● 食物繊維のさらなるメリット

1) メタボになりにくい
2) 糖尿病をコントロールできる。
3) 悪玉コレステロールが下がる。

※ 食物繊維の摂取方法については、コチラをご覧ください。

▼ 糖質が脂肪になるワケ。

炭水化物は、ブドウ糖に分解されて血糖が上昇します。
それを感知した膵臓は、「インスリン」というホルモンを体内に放出します。
インスリンによってブドウ糖になり、エネルギーになります。
余ったブドウ糖は、「グリコーゲン」や「中性脂肪」に変化します。

1) グリコーゲン
肝臓や筋肉に貯蔵
2) 中性脂肪
脂肪組織に貯蔵

炭水化物を食べると脂肪ができてしまいます。

▼▼ 糖質を全く取らなかったら?

最近、「糖質制限」を守り、炭水化物を仮想敵国化している人がいます。
糖質を「ゼロ」にしたら??

人間の脳は、ブドウ糖しか栄養素として利用できません。
ブドウ糖が体内で合成できないとすると、脳は飢餓状態になります。

ブドウ糖が体内からなくなってしまった場合、
筋肉のたんぱく質などを分解。
ブドウ糖を作り出す「糖新生」というルートができます。

糖質制限を徹底する人は、「糖新生があるから糖質はまったく取らなくても大丈夫」と主張します。
糖新生は、人体にとって緊急事態の回避策であり、常態化が身体に良いわけがないことを理解してください。

食に困らない豊食の時代です。
いくらでも、栄養素を取れる時代だからこそ、
適切に食事することが必要なのです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。