糖の代謝量を調べてみたら・・・。

糖の代謝を調べる検査とは?


● 検査項目

・血糖(BS)
・ヘモグロビンA1C(エーワンシー)(HbA1c)
・インスリン(IRI)

● 検査の目的

・糖尿病の早期発見

● 糖尿病を早期に発見する理由?_

・糖の代謝不良により、血液中の糖が慢性的に増加したする病気が
 糖尿病。

・糖尿病になる因子は

- カロリーの多い食生活
- 運動不足
- 肥満
- ストレスなどの生活習慣
- 加齢

等が因子となって発症します。

・糖尿病は初期にはとくに症状がありません。
 しかし、症状が出たときは、病気が進行した状態です。

・したがって、早期発見の為に血液検査が必要なんです。

● 基準値

- 血糖(BS) 70~109mg/㎗(空腹時血糖)
- ヘモグロビンA1C(エーワンシー)(HbA1c) 4.3~5.8%+0.4(国際基準)
- インスリン(IRI) 2.2~12.4μU マイクロユニット)/mℓ(空腹時)

● 検査でわかること


▼  血糖(BS)

 ・血糖中の糖(ブドウ糖)は食事をすると増加します。
 ・健康な人は、膵臓からインスリンを大量に分泌させて、そのはたらきで糖を代謝します。

 ・食後2時間くらいで血糖値がもとの状態にもどります。

 ・身体の働きが悪く、インスリンの分泌が不足しているときは、
  血液中の糖が代謝されずに増加したままの状態となることから、いわゆる『高血糖』になってしまいます。

 ・逆にインスリンが過剰に分泌されると、血糖値が低下しすぎて、手の震えや意識障害、けいれんなどに
  進行する低血糖(ていけっとう)症状が発生します。

 ・検査の血糖値は、空腹時の血糖を調べ、糖尿病の発見と診断にもっとも重要な検査となります。
  
 ・検査は9時間以上絶食したのちの空腹時に採血して測定します。
 
 ・ 空腹時血糖の値によって、以下の通り分類されます。
  
 1) 糖尿病型 :126mg/㎗以上
 2) 境界型 :110~125 mg/㎗
 
ブドウ糖負荷試験などの二次検査を行います。
糖尿病以外に血糖値から考えられる病気は、
 ・クッシング症候群
 ・甲状腺機能亢進症
 ・膵炎
 ・肝炎
 ・肝硬変
  
  など考えられ、低血糖値では、インスリノーマなどの膵臓の病気の疑いがあります。

▼ ヘモグロビンA1C(エーワンシー)(HbA1c)

 ・検査前1~2か月の血糖値の状態をおおまかに知るための検査。
 ・赤血球の中にあって、
  体内に酸素を運ぶはたらきをしているヘモグロビン(Hb)の中には、
  ブドウ糖と結合してできたものがあり「グリコヘモグロビン」と呼ばれます。
 ・ヘモグロビンA1Cは、その一種で、1日の血糖値の平均が高いほ増加します。
 ・ヘモグロビンA1Cは、赤血球の寿命が(約120日)が尽きるまで付いているので、
  その割合を調べることで、過去1~2か月の血糖値の状態を知ることができます。

  糖尿病の人の血糖コントロールをみるために行われていた検査で、
  血糖値のように、食事や運動の影響を受けて変動することがないので、
  健康診断で調べることもふえてきました。
  血糖値の検査結果と総合的に診断していくものです。

 ・ヘモグロビンA1C値が6.5%を超えていたら糖尿病を考えます。
 ・高値になる病気としては、
 * 腎不全(じんふぜん)
 * 異常ヘモグロビン血症(けっしょう)

 などが考えられます。
 5.2%以上では境界域と考えて食生活の改善などをしていきます。
 
  反対に低値を示す病気では、消化管のがんや肝硬変(かんこうへん)、溶血性(ようけつせい)貧血などが考えられます。


▼ インスリン(IRI)

インスリンは、血液中のブドウ糖の量を調節するホルモンで、膵臓から分泌されます。
このインスリンが不足すると
血糖値が上昇し、高血糖の状態になり、やがて糖尿病に至ります。

血糖値などの検査とあわせて、高血糖を引き起こす病気、低血糖の状態を推定するのに用いられます。

インスリン検査は、前夜から飲食をしない状態で早朝に採血して測定します。
インスリン値が低い場合は、
・糖尿病
・急性膵炎(すいえん)
・慢性膵炎
・副腎(ふくじん)機能不全

等が疑われます。

インスリン値が高い場合は、
・クッシング症候群
・肝硬変
・インスリノーマ
・異常インスリン血症
・インスリン自己免疫疾患
などが疑われます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。