貧乏人でもできる糖質制限

貧乏人でもできる糖質制限

炭水化物は、貧乏人のミカタ

安くてうまくて、これほど簡単にカロリーを摂れるものはない
それを捨てでも痩せたい

これまで炭水化物で摂っていたカロリーを置き換えるのが糖質制限。
事例としては、野菜を沢山食べる。
しかし、野菜は天候不順などで高い。

炭水化物をタンパク質に置き換えると実にお金が掛かってしまうのです。

私は、

•大豆づくし
豆腐を主体にして

豆腐納豆
豆腐キムチ
豆腐生卵

など、豆腐主体のタンパク質でに置き換えました。
間食は止めました。

他に、レタス・キャベツ・白菜・ホウレンソウなどの葉物野菜が主体に
下品ですが、下のものも緑色の排泄をするまでになりました。

■ 糖質を体内に残してはいけないの?

消化しきれなかった糖質が、体内で悪さをするのです。
(脂肪に変換、体の糖化、血管に傷をつけるなど)

だから、糖質を摂ったら消費しなくてはいけない。
余分な糖質を蓄えないくらしに徹すれば、
あえて、炭水化物を置き換える必要はないのです。

具体的には、炭水化物の消化は、運動して消費すれば問題ないということです。

運動で消費するは楽じゃない。
ジムのトレーニングで、筋肉をつけるのが新陳代謝を向上させて、痩せる近道なんだけど
これって、継続しなくてはならない。

私の精神力は、うすいガラスでできているので、
すぐに粉々になってしまうww。

■ 糖質制限をやり過ぎていた?

糖質制限をやり過ぎてしまった。

毎晩、炭水化物を抜くこと1か月。
こんなメニュー

・マーボー豆腐豆腐
・カレー豆腐
・シチュー豆腐
・杏仁豆腐豆腐

その後、お風呂に入って汗腺をきれいにしたら、
ストレッチなど体幹を整える体操を20分ほど行いました。

これを続けて、2週間で2.6kg、1か月で4.1kg痩せました。

ただ、昼間の仕事に差支えるようになっちゃいました。
もう、午後から眠くてただでさえも働かない脳がストライキを起こすもんだから
糖質は偉大なんです。

そんなこともあって、少し糖質制限をゆるめてます。
体脂肪の増え方を見つつ、糖質量を加減していきます。

意識して、継続することが大事、大事。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。