隠れ糖尿病が危険なんじゃ。

インスリン注射

隠れ糖尿病


 昨年、厚生労働省が発表した2016(平成28)年「国民健康・栄養調査」によれば、
糖尿病が強く疑われる人の数は約1000万人。調査開始以降、初めて1000万人の大台を超えたことで話題になりました。
しかし、実際には「平成28年」は糖尿病患者は減少しており、過去10年という単位でみれば
 大雑把には変化していない、つまりは、変わらず多いということが言えます。


 そもそも、糖尿病とは、血糖値を下げる働きをする「インスリン」が少なく分泌されたり、
 効果が悪くなることで血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。

 高血糖の状態が続くと、腎臓疾患や神経障害、脳卒中など様々な合併症を起こします。
 腎不全が最悪で、末期には人工透析が必要になってしまいます。

 この症状の治療は、高額であることに加えて、一度、罹患すると完全に治癒することは難しく、
 治療は長期化します。
 糖尿病患者の増加に伴い、国全体の医療費を押し上げる要因にもなっています。


■ 病院や刑務所でも薄味が大切なのはなぜか?

 糖尿病にかかっているかどうかは血糖検査で判定します。
 
 食事をすれば誰でも血糖値は上がります。
 そして正常な人の場合、2時間ほどで値は正常域まで下がりますが、
 糖尿病の人は食後10時間以上経過してもなかなか正常域まで下がりません。
 だから、空腹時血糖値が高い人=糖尿病 の可能性があります。

 しかし、空腹時の血糖値は正常でも、
 食後の血糖値が基準を大きく超える人がいます。
 このような状態を「隠れ糖尿病」といわれ、空腹時の血糖検査では発見できません。

 そこで、糖尿病の疑いがある人には空腹時だけではなく、
 75gのブドウ糖液を飲んで30分後、1時間後、2時間後に血糖値をはかる「75g経口ブドウ糖負荷試験」を行います。
 この検査では、食後の時間毎の血糖値変化をみることで、インスリンの作用不足などを確認することができます。

 ただ、明らかに糖尿病の人がブドウ糖負荷試験を行うとかえって病状を悪化させてしまう場合もあるため、
 医師の判断で二次検査としてはかることが多いようです。
 健康診断などではブドウ糖負荷試験は実施しないことが多いため、
 やはり「隠れ糖尿病」は見落とされてしまうケースが多いのです。

 糖尿病は中高年で肥満がちの人がなりやすい病気だと思われていますが、
 インスリンの分泌反応が遅い、分泌量が少ないなどインスリンの作用不足で起こる
 「隠れ糖尿病」は、遺伝も関連することから、やせ型の人や若い人にも存在します。

 「やせているから」「若いから」などと甘く見て食後高血糖の状態に気付かずにいると、
 糖尿病による合併症が進行してしまうことがあるから厄介です。
 そのため早期に発見し、対策を講じることが重要なのです。
 ――が、空腹時血糖検査では見つけにくく、ブドウ糖負荷試験も時間やコスト面から
 健康診断で実施することは現実的ではありません。

 それならどうするのかというと、もう一つの指標、糖化ヘモグロビン(HbA1c:ヘモグロビンエーワンシー)を
 調べる方法があります。

 HbA1cとは赤血球中のヘモグロビンが糖と結合したもので、
 この割合を見ることでヘモグロビンが過去にどれだけの糖にさらされたか
 ――つまり過去(1、2カ月といわれています)の血糖の状態が分かります。
 健康診断の時に空腹時状態で受診できない人には空腹時血糖値の代わりにHbA1c値だけをはかる場合や、
 空腹時血糖値とHbA1c値の両方をはかる場合も増えてきています。


「隠れ糖尿病」の人の場合、前日の夜から当日の朝まで絶食して健康診断に臨めば、
 空腹時血糖値は下がります。
 しかし、HbA1cはそのような影響に左右されにくく、インスリンの作用不足や普段の食習慣によって
 起こっている食後高血糖が比較的そのまま反映されます。
 つまり、空腹時血糖だけでは見落とされてしまう「隠れ糖尿病」を発見するきっかけになるわけですね。
 ただし、HbA1cにも不安定になる要素があるため、糖尿病の診断をするためにはHbA1cの値だけでなく、
 必ず血糖検査と併用されます。


● 運動と食事の改善

 症状を悪化させないために、血糖値をコントロールすることが求められます。
 そのために、運動と食事習慣を改善しなければなりません。

 <食後の運動> 

 糖は、からだを動かすエネルギー源として必要です。じつは、運動をすることで
 インスリンを使わずに血糖値を下げることができるのです。
 
 血糖値の上昇が始まるのが、食後約30~60分です。
 このタイミングで食後の散歩や軽いジョギングなどの運動を行うのがベストです。

 <食事の工夫>

 食事は、糖質を多く含む食べは、急激に血糖値を上昇させるため、食べ過ぎないよう注意することです。
 特に、吸収されやすいブドウ糖や果糖の多い清涼飲料水は、NG。

糖尿病の治療や予防というと糖質を”極端”に制限しなければいけないと考えがちですが、
 逆効果なんです。

 糖質を摂取しないとエネルギー源を確保できず、筋肉が落ちます。
 すると代謝が悪くなるため、血中の糖を効率的に消費できません。
 糖質は、自身の活動量に合わせて摂取する必要があるのです。

 食事を食べる順番も血糖値に関わってきます。
 食物繊維を多く含む野菜やキノコなどや、
 たんぱく質を多く含む肉や魚などの料理を最初に食べると、
 その後に糖質を多く含むごはんやパンなどを食べても、急激な血糖値の上昇が抑えられるのです。
 
 同じ穀類でも精製された白米や小麦粉を使用したパンより、
 精製されていない玄米や全粒粉を使用したパンやパスタの方が血糖値の上昇が緩やかです。

 糖尿病の予防には、糖質制限だけでなく食べる順番や種類を変えることも理解しておいてください。
 既に通院している方は、
 薬だけでなく食事や運動も治療の一環となりますので、
 必ず医師の指示に従ってください。


 最後に一つ、「尿糖」について触れておきます。
 健康診断で血液検査がない人も尿糖検査だけは受けているという人は多いと思います。
 この検査は、尿中に糖が含まれているか調べる検査です。
 糖尿病はその名の通り、糖が尿中に出る症状があるのですが、
 糖尿病の人は全て尿に糖が出るのかというと必ずしもそうではありません。
 私たちのからだは、生きていくために必要な栄養はなるべく排泄しないようにできていて、
 血糖値が少し高くても腎臓で血液をろ過する際に、
 糖は再びからだに吸収されます。
 糖が腎臓で再吸収される量を超えた時、尿に糖が出てくるのです。

 このことから、尿糖だけで糖尿病を早期に発見することは難しいのですが、
 尿糖が陽性反応を示していれば、かなり血糖値が高い状態であることが予測されます。
 「隠れ糖尿病」といわれる人は、空腹時の尿糖は陰性であっても、
 食後高血糖状態の時に尿糖が陽性になる可能性があります。
 健康診断で血液検査がない場合は、食事をして受診される人もいますので、
 尿検査だけでも糖尿病や隠れ糖尿病を発見するきっかけにあることもあります。
 尿検査だからと侮ってはいけないのです。
 

 糖尿病は完治させることが難しい病気です。
 けれども、個人の心がけ次第で予防ができる病気でもあります
 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。