節約

働くパート主婦にとって150万円の壁は得なの?

  • LINEで送る

パートママの働き方に影響を与えている扶養控除とは?


最初に、パート年収の103万円の壁って?


①    住民税                  100万円
②    所得税                   103万円
③    健康保険・厚生年金の適用    130万円
    (従業員501人以上の企業で働くパート主婦は106万円)。

ママの収入が103万円/年を超えたら、パパの配偶者控除が受けられなくなるので「103万円の壁」と言われています。


今回は、配偶者控除・配偶者特別控除を見直した。。。


これまでは、ママの年収が103万円以下だった「38万円の配偶者控除」が150万円まで適用金額を拡大しました。 これは、
ママが、いっぱいお仕事をして働いてもパパの税制優遇が受けられますよ。
だから、「労働時間や日数、残業を気にしないで働いてね」という国の策略です。

しかし、今回の見直しは、ママの健康保険や厚生年金等社会保険料には、これまでと変わらない「パート年収の壁」は存在するのです。

150万円の壁の前にそびえ立つ社会保障の130万円の壁

パート収入が130万円以上になると、パパの扶養から外れて、ママが2つの社会保険料を支払わなくてはなりません。

健康保険や厚生年金保険という2つの社会保険料

パート主婦に限らず、
・年収100万円を超えると住民税が課税される。
・103万円を超えると所得税がかかる。

さらに、

健康保険や厚生年金保険という2つの社会保険料の負担が増えると、
「手取りの逆転現象」が発生します。

たとえば、社会保険料の壁を超えて年収が132万円(月収11万円)になった場合

2つの社会保険料は年間約26万円。
雇用保険料や税金の負担もあるため、手取りは105万円程度になる。
その原因となっているのが、サラリーマンの社会保険の「被扶養者制度」

一方、年収129万円に抑えると、

2つの社会保険料の負担がないので、手取りは125万円程度。
頑張ってたくさん働いた人よりも、就業調整した人のほうが、約20万円も手取りが高
くなるという逆転現象が起こってしまうのだ。

配偶者控除・配偶者特別控除を見直して、ママの収入が150万円になるまでパパの税金を優遇しても、ママの社会保険料を負担するのはには程遠い。

つまり、「パート収入の壁」は130万円(または106万円)のままで、
がんばってたくさん働くより、129万円に抑えるように働いた方が良い。

 

* 補足 *

従業員501人以上の企業で働くパート主婦の場合、
 社会保険料の壁はさらに下がっており、2016年10月から年収106万円(月収8万8000
 円)以上になると2つの社会保険が適用されるようになっています。
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。