36時間断食と12時間食事ダイエット。

このダイエットは、食事のタイムマネジメント法についてです。

これまでも食事時間を8時間/1日以内にするダイエットがありました。
今回、ご紹介するのは、米国で研究されている、断食と食事の時間を繰り返す
「36時間断食と12時間食事」です。
冒頭、説明した通り断食と食事を繰り返すダイエットは、時間も様々で混在していました。

今回は、Alternate Day Fasting(ADF)と呼ばれる断食法を
実際に60人に対して実験した研究成果をご紹介します。
研究者は、グラーツ大学分子生物科学研究機関のフランク・モデオ教授で、
ADFはこれまで臨床試験が行われていないことに着目して実験を行いました。

60人の被験者を二つのグループに分け、
1つは、ランダムにADFの食事、
もうひとつは、自由な時間に食事するという試験を
40日間行いました。

ADFの食事グループは、
断食の時間中に物を食べていないことを確認するため、
常にグルコースの値をモニタリングしていました。
さらに断食期間中は、日誌とともに口頭で食事の内容を確認しました。
全員、食事以外は日常の生活をおくってもらいました。
さらに、研究者は既に6カ月以上ADFを行っている人を集め、
ADFを行っていない人と生物学な指標について比較しています。
これは、長期にわたるADFが体にとって安全かどうかに焦点を当てました。

ADFグループは食事可能な12時間の間、
自由に食事を取ることができましたが、
その結果、
「通常の食事ができる12時間の間で、
断食で失われたカロリーの全てを摂取することは
できないということがわかりました。

これにより、
ADFグループは、通常の摂取カロリーの平均35%を制限し、
4週間で平均3.5kgの減量に成功しました。

今回の研究により
・コレステロールが低下した。
・おなか回りの脂肪が減少した。
また、過去の研究では食事によるカロリー制限は
栄養失調や免疫低下を引き起こすとされていましたが、
ADFの場合は6カ月続けても
被験者の免疫が安定していたという点を研究者は強調しています。

絶食によるカロリー制限がなぜ有益な効果を生み出すのかという理由はまだはっきりしていないものの、
Madeo氏は「この理由は進化の過程にある。
『過剰な食事』と『それに続く断食』に慣れ親しんできました。
ADFが老化を抑制するオートファジー機構のスイッチを入れるのに対し、
連続的な低カロリー摂取はこれを妨げます」と述べています。

しかし、多くのメリットを認めつつも、
ADFを日常的な食事方法とすべきではありません。
肥満だと診断された人が何カ月か行う食事法として行う場合や、
炎症による治療の疾患としてはよいと考えています。

日常的な食事として取り入れるまでには、さらなる研究が必要です。
また感染症にかかっている場合は免疫系がウイルスと戦うためのエネルギーを必要とするので断食を行うべきではありません。

厳しい食事制限を行う前には医師の助言が必要です。(Madeo氏)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。